看護・医療専門の転職サービスサイトを活用する

看護・医療専門の転職サービスサイトを活用する

もはやインターネットを活用して転職活動を行うのは当たり前。
一般の転職サイトとして、大手求人情報誌が、雑誌に加えてインターネットでも求人情報を発信しています。
そして、看護師確保が重要な経営課題となっている病院にとっても、このような求人情報誌のサイトを活用して、一人でも多くの看護師を確保したいところ。このような病院側の意向を受け、看護師の転職斡旋や仲介を行う会社も次々に誕生してきており、その大半がこのインターネットを利用してサービスを展開しています。

 

このサービス形態にもいくつかの方法がありますので、簡単にご紹介しておきましょう。

 

 

@直接アクセス方式
ウェブサイト上に求人情報が掲載されています。求職者はそれらの求人を行っている施設に対して、直接応募する形式です。求人施設に対して直接応募することができるので、話が早いということになりますが、付随するサービスはあまり多くはありません。

 

 

Aスカウト方式
サイトにアクセスし、個人情報や転職先の希望条件等を入力し登録を行います。その登録情報をみた求人サイトが、採用したいと思う人に対して「スカウト」のメールを送ってくれます。求職者にすれば、最初の登録さえ行えば、あとはスカウトのメールを待つのみです。現在仕事を行っている人にすれば、転職先を探す際には、大いに力を発揮sしてくれるサービスです。もちろん、実際の採用に向けては、試験や面接は行われます。

 

 

 

Bコーディネート方式
このサービスを行っているサイトに登録すれば、専任のコンサルタントと呼ばれる人が、あなたの転職活動をサポートしてくれます。病院と転職希望者のあなたの間に立って、非公開情報を提供してくれたり、面接nセットアップや入職に際しての給与・勤務条件の交渉などをあなたに代わって行ってくれますし、履歴書の書き方や面接の仕方などのアドバイスも行ってくれます。しかも、無料で利用できます。

 

 

いまでは、このようにいろいろなサービスが提供されているので、ご自身の状況に合わせてこれらのサービスを利用すると、転職をズムーズに行うことができます。