人材派遣会社を利用してみる

人材派遣会社を利用してみる

人材派遣とは、職場となる企業や病院が職員を直接雇用するのではなく、専門の派遣会社が自社の登録スタッフを病院や企業へと文字通り「派遣する」こと。

 

これらの派遣スタッフを受け入れる病院や企業からすると、保険加入の負担が不要ですし、業務量の変化に合わせて人員の整理が行いやすいというメリットがあります。一般的には、事務職や製造業などで普及が進んできましたが、2004年に看護師などでもこの派遣が解禁されています。

 

この派遣制度ですが、働く方にとってはどのようなメリットがあるのでしょうか?
まず、就業時間や時期などの希望を叶えやすということ。
派遣制度を使って働く人には、残業が発生しませんし、「この時期だけ集中して働きたい」という希望も通りやすいといえます。

 

具体的な業務としては、採血や健康診断など、基礎スキルをもっていれば行うことのできる業務が中心となります。これは、しばらくの間医療の仕事から離れていた人にとっては、本格的な仕事復帰にむけた格好の「準備」となります。「まずは派遣で仕事勘を取り戻して!」という思いから派遣を選ぶ人も多いようですね。

 

2つめのメリットは、専門性を活かしながら働けるということ。
病院などの組織で勤務すると、キャリアを積むとともにマネジメントの業務の比率も高まってきます。また、本人の意に沿わない異動があるかもしれません。その点派遣では、希望の仕事に絞り込むことができます。
特定の業務の専門性を高め、スペシャリストを目指すことができます。