看護師の転職先の見つけ方

看護師!転職先の見つけ方

今まで看護師で転職活動を経験したことのある人に、どこから求人情報を集めたかというアンケート調査を行ったところ、一番多かったのがインターネットの利用というものです。
つまり、転職活動においても、インターネットが非常に重要なツールとなっていることを表しています。

 

 

ではインターネットでどのようなサイトを見ているのでしょうか?
最も多いのは、病院のホームページの求人ページ。次いで多いのが、看護・医療専門の転職斡旋・紹介会社のページとなっています。

 

既に転職希望先の病院としてある程度絞り込めている場合は、この病院の求人ページはとても有効です。募集要項が掲載されていますので、勤務時間や給与・有給、福利厚生施設等の情報が掲載されていますが、その中でも重要なのが病院や看護部の考え方、その病院で働いている看護師のかtの声や設備等の状況がよくわかるので、その病院・看護部の状況を知るには一番有効な情報源です。

 

また、その病院の姿勢・方針等も把握しておきたいので、患者向けの発信されている情報もぜひ参考にしておきたいですね。

 

転職先の条件として結構多いのが、自宅から通勤しやすい病院が挙げられます。そうなると、インターネットだげでなく、新聞に折り込まれているチラシ等も実は重要です。
インターネットが当たり前の世界になったとはいえ、全ての病院がホームページを持っているとは限りません。また、ホームページを持っていて求人があっても、求人情報を掲載していない病院もまだまだたくさんあるようです。

 

そのような病院が活用しているのが、この昔ながらの新聞の折り込みチラシを利用した求人なんです。この新聞の折り込みチラシは、地域に密着した情報を発信しているため、地元の大きな病院や個人お病院等の間でも意外と利用されているようです。

 

ですから、この折り込みチラシによる求人情報を見逃さないためにも、日頃から注意深くチェックする癖をつけることが重要ですし、家族の方にも協力してもらうようにしるといいでしょうね。

 

また、地元志向の転職という点では、市町村役場の広報誌や市役所・役場の職員募集のページも有望な情報源となります。

 

その他、リアルな生情報を得るには、ネット上に掲載されている口コミ情報も、参考情報としてチェックするとよいでしょう。病院のサイトに掲載されている看護師の声というのは、やはりその病院をよく見せるために、良い情報しか掲載されいない場合があります。
かと言って、ネット上に掲載されている情報が100%正しいとも言えませんが、参考程度の情報としてチェックはしておきたいですね。

 

また、地元の病院をお考えでしたら、お友達や近所の方の生の情報を入手するののが、一番信用できる情報えはないでしょうか。

 

看護師の結婚事情と人間関係